奥さんを満足させるセックスの嗜み

セックスへの意識は、特に男性よりも女性の方が年齢によって意識が変化しやすいと言われています。

男性は、性欲の全盛期は10代から20代といわれていますが女性は30代から40代といわれており、特に性欲が全盛期になるとセックスに求める物が変わります。

夫婦関係をいつまでも続ける大人の嗜み

女性は、特に年令を重ねるのとセックスを重ねることでセックスへの意識や意欲が変化していきます。
なので、セックスレスやセックスのマンネリ化という物は非常に大きな問題になっているんです。

特に、そう言った気持ちのすれ違いが女性のセックスへの満足さというものを満たせなくなった結果、離婚につながったり、或いは不倫や不貞などのはじまりになってしまうきっかけになってしまうんですね。

そうならないようにするには、男性もそういったセックスへの意欲を知って、それを満たすことができるような大人の嗜みと言ってもいいテクニックを身に着けていくことが大事です。
パートナーと長く連れ添うにはセックスの好みをお互いに知り合いお互いに満足させ合う関係を作ることが大事なんですね。

女性のセックスへの意識と目的の変化とは

まず、一番変化するのは何のためにセックスをするのかというところですね。
若い内は、男性とのつながりや愛情を確かめ合うなどの気持ちが強くムードを大事にしたがりますが、年齢を重ねていくとそれが快楽を得るための性的快感へ重視するように思考がシフトしていくんですね。

いわば、男性の若い内のセックスへの意識と非常に近しい物になっていくんですね。

これは、ホルモンバランスの変化が影響を与えているので女性は30代から40代の方が性欲が強くなり、セックスに快感を求める傾向が強くなっていく、ということなんですね。
さらには、長年夫婦として連れ添うと最早セックスは愛情の確かめあいと言ったような意味を求めなくなります。
寧ろ、確認しあわなくてもすでに愛し合っていることをわかっているのですから、セックスはお互いが快楽を重視するようになる、という意識を持っているのが女性なんです。
愛情があるのは、あくまで前提でそこから更に気持ちよくしてあげるということが求められます。

女性を気持ちよくするための大人の嗜みテク

さて、そんな快楽重視に変わった女性をセックスで満足させるためのテクニックはどんなものでしょうか。
例えば、抱きしめるだとか髪を撫でる、キスをするなどの甘い関係でのムードを盛り上げるという物は通用しなくなります。

あくまで、快楽重視の女性が求めるのは肉体的快楽なのでテクニックがやり方が必要になってくるので、淡白ですぐに終わってしまうようなセックスは本当にダメです。
性的刺激、精神的興奮の両方を得られるようなセックステクニックを磨くようにしましょう。
興奮する、そしてなおかつ気持ちいいセックスをできるように男性側も努力しなくてはいけません。

夫婦の絆をつなぐのはきれいごとだけではない

昨今、特に何かと不倫なんかが話題になりますがまさにこれはこういった女性の性的趣向に対する意識の変化を旦那がわかってあげないことも一つの要因ですね。

特に、男性は結婚して家族になると妻を女性として見なくなるなんてことも言われており、セックスをしなくなってしまうという人も多いですからね。

そこに輪をかけて女性の性欲が強くなると、思い切りすれ違ってこういう問題が起こるわけです。
そうならないようにするためには、やはりセックスのテクニックもとても大事です。